記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報リテラシー論9 テレビの衰弱と動画メディア

 今回の講義はテレビの衰弱と動画メディアについてでした。
インターネットを、従量課金制(「3分10円」などのように、利用時間に応じて課金される料金体系)や深夜割引の頃は23時台、定額、ADSL・ISDN、光の頃は22時台、スマホが普及してからは21時台に利用するようになり、テレビの利用時間と重なるようになり、テレビがインターネットのことを敵視するようになりました。また、通勤通学の電車などでもガラケー(テレビ)→スマホ(youtube)へと変化しているようです。youtubeを始めとするデジタルがテレビを追い抜くが、アメリカ(2013)、ドイツ(2017)、日本(2018)と次のサイトでは書いてあります(http://zen.seesaa.net/article/444087372.html日本は高齢化が進んでいることもあって他の国々よりも遅くなっているようです。
 youtubeはyou(あなた)tube(テレビ)という意味で2005年に設立されました。2010年までずっと赤字経営でしたが、Googleが広告を取り入れたことで黒字化に成功。そしてyoutubeでニュースになったことといえば、尖閣諸島沖の中国戦衝突映像もそうですが、イスラム国の人質が捉えられていた動画が強く印象に残っています。テロ行為もネットを使ってできてしまうということが怖いなぁと思いました。
 youtubeでは著作権学校チャンネル(https://www.youtube.com/copyright_school)というものがあり、著作権について学ぶことができます。youtubeは著作権侵害を繰り返すとアカウントと全ての動画が削除されてしまうそうなので気をつけないとダメですねwまた、こんなダウンロードはやっていいのか、悪いのかがわかるサイト(http://2chcopipe.com/archives/51986269.htmlがあります。こういうことは結構曖昧なので、このようなサイトはありがたいなぁと思いますw
 youtubeを始めとするデジタル動画との付き合い方について改めて深く考えさせられる回だったなぁと思います。今はまだ、見るだけで自分で動画を投稿したことがありませんが、今後投稿する機会があったら、今回の講義で学んだことを思い出して投稿したいなと思いました。
 最後に先生のyoutubeのチャンネル(https://www.youtube.com/user/YokotaShurin)のリンクを載せて終わりにします()
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。