記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報リテラシー論10 様々な動画とネット生配信

 今回の講義は様々な動画とネット配信についてでした。
最近では、スマホの画面比率に合わせた縦長の動画が増えているそうです。中でも、動画の長さが短いほど縦画面で見る需要もあるようです。縦動画に対応しているものとしてあげられるサイトとして主なものがC CHANNEL(https://www.cchan.tvで、先生オススメの縦画面動画が、Yahoo!「スマートフォンとライフスタイルの変化」(https://vimeo.com/125442314スマホ時代を象徴するPV(https://www.youtube.com/watch?v=g57fYTgVbDkです。特にPVの動画は、クオリティーが高く鳥肌が立ちました。
 また、タイムラプス動画(https://youtu.be/bl_A_lF7I3cスローモーション動画(https://youtu.be/DbWisW7u440?t=7サイレントで短時間なInstagram動画(https://www.instagram.com/penji_no_hiroba/360°VR動画(https://youtu.be/jpH2TpdzJToと様々な種類の動画が登場し、その場面場面であったものを利用するという力が求められています。
 このようにたくさんの動画がアップされているために、問題も多々起きています。海外にサーバーを置いているものが日本の法律で裁けないということが特に問題視されています。(http://www.news24.jp/articles/2014/09/29/04260105.html#)しかし、ネットユーザーが多いため対応が追いついていないというのが現状です。日本の番組が、中国、韓国のサイトで違法アップロードされていることが多々あります。そのため、TV局は見逃し配信「TVer」(http://tver.jp)を開始し見逃した番組を一週間無料で観れるサービスを開始しました。このようなサービスが増えることで違法アップロードの増加も減るのではないかなと思います。
 このように様々な動画が登場してきているので取捨選択が重要になってきているので、自分で考え判断する能力の向上が求められていると思います。そのためにも、常に何がいいものなのかを考えていきたいなと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。